過呼吸は自己救済のための突発的な過ぎた呼吸である

  • 過呼吸とは?
  • 過換気症候群「取りこめ」と「手放すわけにはいかない」
  • 過呼吸「受け入れがたい」と「手放してしまえ」
  • 過呼吸はヒーリングのプロセス

 

 ◉過呼吸 とは?


● 呼吸循環系や血液の異常がなくても,中枢神経の病変によって呼吸中枢の興奮性が異常に高まった場合にも息ぎれを生ずる。心身症の息ぎれは,発作的に呼吸の深さ,数が増加し,二酸化炭素が体内から洗い出されて血液がアルカリ性となり,手足のしびれ,痙攣 (けいれん),失神発作まで起こすことがあり, 過呼吸症候群hyperventilation syndromeと呼ばれる。 (ネット百科より)

 

●こむらがえりを過換気症候群hyperventilation syndrome (過呼吸症候群ともいう) の一つとする考えもある。水泳中には,なるべく息を吸い込もうとして過呼吸になり,酸素のとり過ぎになりやすい。血液には必要量の酸素が含まれていることがたいせつだが,酸素をとり過ぎて炭酸ガスが少なくなると,血液は強いアルカリ性に傾きカリウムが減少する。カリウムがなくなると,筋肉は興奮して痙攣が発生することになる。夜間に発生するこむらがえりも,昼間の過労で疲れはてて寝込んでいるときに,こわい夢などにうなされたための過呼吸による酸素のとり過ぎが原因ということになる。     (ネット百科より)

 

  医療の現場ではなんだかのストレスが加わったときに酸素を取り過ぎることが 過呼吸の原因だと説明することが多いようです。

しかし、吸う息と吐く息のバランスがなんだかの要因で崩れ、酸素を多く取り入れない場合でも結果的に二酸化炭素が体内から減少してしまえば過呼吸になってしまうことに、もっと注目したいと私は考えます。

 


 ◉過換気症候群「取りこめ」と「手放すわけにはいかない」


 ここで改めて呼吸の意味について記します。

吸う息は「受け入れる」「受け取る」という意志や積極性とかかわっています。

吐く息は「手放す」「与える」という放棄や委ねる質とかかわっています。

過呼吸は上記の二つの引用のように二酸化炭素が減少しすぎる場合と酸素を取りこみ過ぎることから起きるとするならば、これに呼吸の意味を重ねて合わせて考えてみましょう。

 

 酸素を取り入れすぎるということはその時の意識が吸う息に比重を置いているからでしょう。「受け入れねばならない」「受け取るべきだ」「取りこめ」との強迫観念にも似た意識が働いている可能性があると言えるわけです。

ではどうして、吐く息は吸う息と同等の深さ早さにならないのでしょう。

この呼吸のアンバランスさを説明するためには過呼吸になった人がもともと吐く息を制限している可能性について考えてみなければなりません。

  つまり、「うまく手放せない」「手放しがたい」「手放すわけにはいかない」という観念が働いていないかどうかについて考えてみる必要があるのです。

 

 先の怖い夢のことでいうと、怖さや不安や焦燥感をうまく手放せない場合、吐く息は止まっています。

しかも怖れの体験は受け入れたくはないですから、吸う息も止めてしまいます。

この両方の経路を封じ呼吸を止めてしまう状態が続くとパラニックに陥ることでしょう。そこで慌てて呼吸をしなければと、身体が反応するわけです。いままで酸素の供給不足によって余儀なくされた苦しい思いを一気に正常な状態へ戻す必要があります。

まるで海で溺れかけている人のように、アップアップと。

このとき以外に吐く息のことを忘れてしまいがちです。

「吸わなければ吸わなければ」という意識が強く働きすぎるからです。でないと死んでしまうかに思えます。

 


 ◉過呼吸「受け入れがたい」と「手放してしまえ」


受け入れがたい」と「手放してしまえ」

 もう一つ過呼吸になる別の状況を考えて見ましょう。

血中の二酸化炭素濃度が酸素濃度よりも低くなる可能性は他にも考えられます。

それは、酸素量よりも炭酸ガス量が多く吐き出される可能性です。

この場合の過度に吐き出さずには居られない呼吸の意味を考えてみると、「これ以上は受け入れがたい」と、吸う息を制限し、「手放さずにはいられない」「一気に手放してしまえ」「これ以上は抱えきれない」と、吐く息を大量に押し出すいう本人にとって危機的状況が差し迫っていることがわかってきます。

実はこの現象はかつて封じこめてきた感情が出口や終焉を求めて暴走し始めたとも言えるでしょう。

感情を「手放す」こと「表わすこと」に罪悪感を持っている人達は、日常では 吐く息を制限することで自分自身を表わすまい、手放すまいとしてしまいます。

これが限界に達してこれ以上は留めてはおけない感情がある場合、呼吸のほうから先に体内に溜まってしまった炭酸ガスを手放すことで、感情とともにエネルギーを解放しようとするわけです。

過呼吸は以外にも感情を手放すことを許していない人のための、呼吸みずからが起こすヒーリング(解放)のプロセスなのです。

 

  私はあるとき、変わった笑い方をする人に合いました。

『ひゅっー、ひゅっー』と短時間に押し出すような口笛ともつかない乾いた音を出す人でした。話をしている相手の相槌をうつかのように会話の合間合間に『ひゅっー、ひゅっー』と聞こえてきます。

そう、私はその人を見ているわけではなく、正確にいうと聞こえてくる『ひゅっー、ひゅっー』を勝手に笑っているものだとばかり思っていたわけですが、ワンパターンの奇妙な反応に好奇心が覚醒し、ついに見てみました。

 すると彼は、シリアスな顔してニコリともせずにただ『ひゅっー、ひゅっー』と息を吐いています。そして時折顔の筋肉をぴくぴくとひきつけているではありませんか。『顔面神経痛かな』と思いながら彼がとても深刻な状況にあるらしいことが察せられました。

 彼がもし顔面をひきつらせずに、あるいは『ひゅっー、ひゅっー』と息を吐かずにいればきっと発狂するだろうと感じました。彼なりの手放し方でストレスに対処している姿はいたいたしいものでしたし、見ているだけで息苦しさがこちらにも伝わってきました。私が彼に悟られないように大きく呼吸したのは、意識的な呼吸を心がけていたおかげでした。

 彼に向かって話している人は、とてもお喋りで自分の話したいことを一方的に手放すことに専心していたため、幸いなことにその彼の息に合わせることをせずにすんでいたわけです。

 実は『ひゅっー、ひゅっー』と短く一瞬にして吐き出す手放し方は、このおしゃべりな人間から感じられるストレスを無理矢理手放す方法でもあったのです。

 

 

 ◉過呼吸 はヒーリングのプロセス


 どんな形であれどんな方法であるにせよ、手放すことを許さないと、手放すタイミングを失い出口を失った感情が暴動を起こします。

   過呼吸症候群の場合、呼吸のシステムそのものが、感情をうまく手放さずにいる御主人様に成り代わり、手放しきれていない古いエネルギーである二酸化炭素を一生懸命吐き出そうとする機会を作っているといえます。

 このとき、出口を求めている感情にもフォーカスを当てて、忍耐を持って開放されたがっているエネルギーのいくすえを見守ることが出きれば、やがて吸う息へのフォーカスも促せるはずです。少しづつ大きな呼吸の環を作り出していけばいいわけです。

 残念ながら過呼吸を起こした本人は、それがヒーリングの一プロセスであることは知る由もないわけですから、突然の出来事にパニックを起こしてしまいます。

このときパニックを体験することで不安と恐れの感情が加わります。パニック障害の人たちにとっては死のイメージを喚起させるほどの不安と恐れの感情であることでしょう。

 癒しの始まりがパニックの始まりとして誤解されるとは何と皮肉なことでしょう。

 

 医者や看護婦が過呼吸の患者にマスクをかけて二酸化炭素が過度に出ていかないように処置するするだけでなく、『何があったのですか?手放しがたい感情は何ですか?』と後でゆっくり聞くことができたなら、2度目の発作は防げる可能性は高いといえるでしょう。

 これまでに過呼吸の人を実際にセラピーした経験からいうと、これらの人は過呼吸が起こる前に受け入れがたい状況のなかに身を置き、手放し難い感情体験をしています。

 

 アメリカである小学校の一クラス全体が過呼吸状態になったとの報告を聞いたことがあります。日本でも小学生が修学旅行の帰宅途中の新幹線で車両全体がハアハアとため息だらけになっていったと20年前TVニュースで報道されたことがあります。

どちらも一人の生徒が大きなため息をつき始めたことが呼び水となり、ため息の波紋がまたたくまに全体に広がっていったそうです。キャスターは原因は不明だと締めくくりました。

 

 アメリカの教室で起きた集団過呼吸は、学習から生まれるストレスを吐き出し始めたらとまらなくなった一人の生徒から端を発し、それが他のストレスを抱えていた生徒にも伝染していった結果だといいます。

しかし、全員が同じストレスを手放そうとしたのかどうかは不明です。それぞれの個人的な事情があっただろうことは推測できます。

 両国の小学生も一気に手放さなければいけないくらいのストレスをそれぞれに抱えていて、限界ぎりぎりで手放す機会に恵まれたといえるでしょう。

このような状況にでくわすと、周囲の人間の方が息苦しくなったことでしょう。なぜなら受け入れがたい状況を目の前に呼吸を止めたにちがいないからです。

ひょっとすると過呼吸に対処する一部の医師や看護婦にも同じ現象が起きているかもしれません。

 誰かの呼吸は誰かの呼吸へと知らぬ間に響き合っていたりします。

そして、そのリアクションはその人の受け入れる質、手放す質の如何に関わっています。

 もしも、そのような現場にあなたが居合わせたら、自分の呼吸は確保した上で、是非こういいましょう。

 『さあ、呼吸して・・・パニックを自分から作り出す必要はないですよ。大丈夫だから、呼吸を続けて』と。

 そして、封じ込めたエネルギーが出口を求めて流れ出すのを許しましょう。

 

過呼吸関連記事▶集団過呼吸は感情プロセスへの共鳴である

 

感情プロセスを癒す、自己変革を促す意識的呼吸のセラピー▶個人セッション

  • ブリージングとは英語で、Breathing 、呼吸という意味
  • ブリージングとは?
  • 感じる力と呼吸
  • 意識的な呼吸が起こす奇蹟
  • ブリージングでできること

古代からの呼吸法
子ども時代から成長する吐く息の質
豊かな感情表現と深呼吸
意識的に呼吸する

 

自己呼吸の始まり
へその緒を切るタイミング
呼吸の終わりと始まりのドラマ
二つの酸素経路が意味するもの