マタニティブリージングを掲載した本「まってるね赤ちゃん」

横浜青葉区にある助産院バースハーモニーの齊藤純子院長の書いた本、それが

 

しあわせなお産

自然出産を超えて 

自然誕生へ

   「まってるね 赤ちゃん」 です。

 

自然なお産をしたい人にとって身体作りとこゝろも整えることの大切さと、その具体的なハウツウが網羅されています。

自然出産をしたい人(妊婦・プレ任婦を問わず)に向けたお産バイブルであることは間違いありませんが、それ以上に素晴らしいのは自身の誕生、助産婦時代、4度の出産体験を経て、さらに自宅出産専門助産院バースハーモニー開設以来15年の助産師体験を通し、その都度の自己探求と自己成長について綴られていることにあります。

出産・誕生へのあくなき好奇心と探究心はこれからも尽きること無く彼女の原動力となるでしょう。

 

 彼女の探求者としての眼差しが特に強く注がれるのは、胎盤からの臍帯血があますことなく赤ちゃんに収められるまで見守るとどうなるのか?

にあります。助産院開設以来、それぞれの赤ちゃん誕生時から拍動停止に至る時間を記録し続けてきた道のりが、へその緒を切るベストタイミングは臍帯血の拍動が完全に停止した後にあるとの結論を差し示してます。

 そして、そのタイミングを大切にすることが母から自立するそれぞれの赤ちゃんの自立時間を尊重することになるとの確信に至ります。

 この取り組みは、まさに成長しやがて自立の刻を迎えるタイミングもその人らしく出来るようにとの、祈りにも似た愛に根ざしていると私は感じます。

 

 へその雄を切るタイミングが、母への愛着に支えられながら自己の冒険へと旅立てる人になるための「自立の道しるべ」になることは、ブリージングを通して妊婦さんにもお伝えしています。それは自らの誕生と母の出産体験に立ち返ることにもなります。それぞれの母子の関係性の原点回帰がどんなものであっても一瞬でも立ち返ることができたらならば、自分たちなりの愛の原点が感じられることでしょう。

 

 そして、その原点回帰の体験は我が子のみならず次世代へ贈れる尊いプレゼントになることが多くの人達に予期されんことを私も願わずにはいられません。

 

 この本が標榜している「自然誕生」のコアとなっているのは、生まれてくる赤ちゃん達へ向けて「初めての呼吸は私たちが見守ってあげるから、安心して生まれておいで、大丈夫だよ、まってるよあかちゃん」

そんな想いだと感じました。

 

  

 自己呼吸の始まり

へその緒を切るタイミング
呼吸の終わりと始まりのドラマ
二つの酸素経路が意味するもの

バースハーモニー開催

マタニティグループブリージング

妊婦さん個人ブリージング

マタニティ個人セッション

妊婦さん+バートナーorお母さんで

ブリージング

マタニティパートナーセッション

リバーシング/再誕生に興味のある方

リバーシングセラビー

リバーサーを目指したい方